アコーディオン大好き人間のBLOG

アコーディオンが大好きでたまらない人、そうです、それはあなた、君、そして僕。 みんなでアコの情報を共有してアコのある生活をEnjoyしましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
MIDIのアコはすでに出回っていますが、SEM CIAOの楽しさは操作が簡単、蛇腹にVolumeが反応する、アコの操作で他の楽器の音色が楽しめる、外部MIDIをつけて、さらに音源を広めたり、伴奏が自動演奏で加えられるなどがあるとおもいます。 先週、あるお客様が外部MIDI装置をご持参になったので、早速SEM CIAOを接続しました。 かなりこった伴奏が自動演奏されるので、キーボード楽器を弾くのと同じ感覚でいろいろなアレンジが可能でした。 これは新しい体験でした。 
また、これまでのELKAVOXやEXCELSIORのMIDIアコは電子音はそれなりに楽しめたとしてもアコ本体のリードの音色に不満がある場合があってもそのモデルしか選定できなかったようですが、SEM CIAはScandalli、Paolo Soprani、SEMのアコースティックアコへの組み込みが可能ですので、お好みのアコにMIDIシステムを追加できることになります。 Scandalli、Paolo Soprani、SEMのアコースティックアコからお好きなモデルを選択してそれにCIAOを組み入れるには20万円のアップだけですみますので、最高に納得のできるリード付きMIDIアコが入手可能です。 akkodeon.jpのHPでも投稿しましたが、Paolo Soprani Professional 1AへSEM CIAOを組み込んで重量9kg、65万円、SEM 500+SEM CIAOは11kgで75万円。 これはかなりお勧めのコンビネーションですが、もちろんScandalliの最高級モデルScandalli Super VIも\200,000.-追加でMIDI付きSuper VIとなります。もちろんボタンアコでも可能です。 Paolo Soprani Professional 1A+SEM CIAO、SEM 500+SEM CIAOの両モデルは3月には入荷予定ですので、到着次第ごらんいただけます。 ボタンアコのSEM Super Prince+SEM CIAOはすでに入荷しています。MIDI楽器はアコの操作性でさらに広いいろいろな音楽を楽しめることにあります。 MIDIアコがアコースティックアコの替わりをするという発想で臨むと失望するかもしれません。 それでもMIDIアコは面白い。 私も触ってみるまではわかりませんでした。 今後ともこの楽しさもお伝えしていきたいと考えています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

川井 浩
  • Author: 川井 浩
  • アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

川井 浩

Author:川井 浩
アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。