アコーディオン大好き人間のBLOG

アコーディオンが大好きでたまらない人、そうです、それはあなた、君、そして僕。 みんなでアコの情報を共有してアコのある生活をEnjoyしましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
どこのアコーディオンクラブ、あるいはどこのアコーディオン教室とは言いませんが、もれ聞こえてくるところからすると大小の差はあれどこも相当病んだ部分がありそうですね。
まずはアコーディオン教室。 練習用の曲は自分の好みに関係なく決まっている。 これをマスターしないと先に進めない。 偉い先生を講師として呼んでもそのコストが高いのでかなりの人数を集める必要がある。 個人へのレッスンはわずか数分でも数千円の授業料を取られる。 練習をしていかないと、あるいはしてもうまくいかないと、「はい次の人」といわれてお終い。 アコーディオンを探している、あるいは買い換えたいという情報が伝わると、自分の趣味と関係なく押し売りのように一方的にアコを押し付けられる。 しがらみの中でこれを断りきれずに買わされる。 たとえ体格が小さくてもでかいアコを押し付けられたりする、それも値段の高いアコを無理やり押し付けられる。
アコーディオンクラブは合奏に重点を置いているところが多く、自分の好きな曲を自由に弾けるようになりたいという人は敬遠される。楽器もイタリー製じゃなくてはダメとか、41鍵・120ベースじゃなきゃダメとか、ひどいところになるとどこどこのメーカーのアコじゃなきゃダメ、とくる。それで、そのグループのリーダーはその上の先生から高く仕入れさせられるものをメンバーに売りつける。 その先生はどこかのメーカーかお店の特約店を兼ねている、ないしはバックマージンをもらっている。 もちろん、ビジネスはビジネスとして正々堂々とどこどこのメーカーないし、どこどこの店と提携している、あるいはそこの販売代理店も兼ねているとうたえばまだしも、そこはそれなんとなくグレーゾーンでアンタッチャブルな部分になったままなのだ。 ところで、日本という人を幸せにしない文化のなかで教育を受けてきたわれわれ自身にも問題があることは認識する必要がある。 自分が一体何をしたいのかというソクラテス的質問に自ら答えと確立された自我意識を持つ必要がある。 まさに、「汝自身を知れ」なのだ。 アコでジャズがやりたい人はジャズをやればいいのだ。アコで歌謡曲を弾きたい人は歌謡曲を弾けばよいのだ。 アコでオーケストラをやりたい人はやればいいのだ。 弾きたい曲があれば弾けばよく、弾きたい曲がなければそれを入れてもらうようにちゃんと要請したり、それでもだめならやらなくてもいいのだ。 アコーディオン教室は学校ではない。 アコーディオンクラブは会社ではない。 あくまで個人の趣味の世界の同好の会なのだ。 同好とは好みを同じにするということであって、好みが違えば同じ行動を強制される必要はないのだ。 理想的なのは違う好みを持つ不特定多数がハーモニーの中で、自由にお互いを尊重しあい、刺激を受けあい、高めあえる状態だと思う。 そのひとつの例外的な試みのひとつが「アコーディオン喫茶かるふーる」であり、おそらく2月26日に福岡でやまぐちまりこさんを発起人として開催される「アコーディオンの交差点」だろう。 札幌の「カフェダイマ」さんもそんな例外的な素敵な場所らしい(今度是非行きたいと思ってます)。 インターネットを見ることができる人はそんな新しいアコのオアシスへ逃避することが可能だが、ネットまではできない方々はどこに行けばよいのかわからないまま悲惨な状態に置かれているようだ。 新しいアコ文化の発展を祈るばかりだ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

この現状

アコーディオン教室やクラブの現状ってこれは日本でのはなしですか。
私はグループレッスンと個人レッスンの両方習っています。好きな曲が弾けない、とかどこかのアコーディオンを押し付けられたなんて経験もなければ、そんな話は聞いた事がありません。
それは私がたまたま運が良いということになるのでしょうか。
これが現実だったら悲しい話だと思います。
楽器を習いにいけば最初に基礎を教わることは多いと思います。それが苦手な練習だったとしても後に必要になる技術だから教えてくれると思います。アコーディオンもフルサイズやリードが多いほうがいろいろ楽しめるのでそういうものを紹介してくれることもあると思います。
メーカーと提携していれば宣伝もあったりするでしょうが、押し付けることがあるのでしょうか。
悲しい現状ですね。

  • 2006/02/08(水) 16:29:50 |
  • URL |
  • ete #-
  • [編集]

いい先生、いい教室、いいサークル

eteさんはいい教室、いい先生に恵まれているのですね。 もちろんそういうラッキーな環境にいるかたもいらっしゃるでしょう。 残念ながらそういうラッキーな方ばかりではないのが日本の現状のようです。

かるふーるの力は大きい

おはようございます。空中庭園が間もなくになりました。今夜が、練習の最終日。明日、仕事のあと、深夜に大阪に着きますから、そしたら、何も考えず温泉に入り、ぐっすり眠り、翌午後に備えます。それにしても、えりさんの力がなかったら、私も、アコを投げ出してしまうところでした。勇気と力を呼び覚ましてくださった「かるふーる」の力に感謝しています。大阪まで、演奏に行く気になったなんて、内気な自分にしては、よく踏み切ったと思います。記念になる1日、終わるとまた、ドキドキ感が病みつきになっているかな。

同感です。

私も全く同じ様な目にあい今は、クラブをやめています。
私の場合こういう事もありました。クラブでは
新入者の上達ペースがマニアル化してあるらしく、私が早く進もうとすると、貴方にはまだ早過ぎると言って、待ったが掛かり前に進ませてもらえませんでした。当地ではクラブ員が
少なく早く上達して止められるのが、いけなくて長期間下手のままで、置いとくというやり方の様に思いました。ですから下手な者ほど
先生に気に入られていました。

花粉以上にヒサン! - 日本のアコ教室

マキ様、ようこそ! そうでしたか、その手がありましたか! 私が聞いていたのよりさらにひどい現状があるのですね。 そんな、人を食い物にするようなクラブではきっとねずみ講のように上層部の人たちだけがいい思いをして、それを仕切っている先生がいて、その後ろには.....みたいなことになっているわけですね。 アコがお稽古事になり、お稽古事になると入門者は上のクラスに行くたびにいろいろと月謝以外のことも要求されたり、先生の発表会のお付き合いをさせられたり、楽器を買わされたり、そのようなしがらみを利用して攻めて来る販売方法はもうほとんど人権蹂躙です。 いかにも日本的な陰湿なやり方ですね。 家元制度に近いいやなものを感じます。 どうしてそうなってしまうのでしょうね? もっと自由に個人がやりたいようにのびのびと楽しく個性やそれぞれの立場を尊重してくれるようなアコ文化が育つといいですね。 私はほとんど少数意見でアウトサイダーですから気ままにものを言えるのでストレスがありません。 これもネットのいいところかもしれません。 今後とも、思うこと、考えること、気が付いたこと、改めたいことなどどんどんどしどし提案したり、実行したりしていきましょう! よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/28(木) 14:18:07 |
  • |
  • #
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/30(土) 02:03:22 |
  • |
  • #
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

川井 浩
  • Author: 川井 浩
  • アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

川井 浩

Author:川井 浩
アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。