アコーディオン大好き人間のBLOG

アコーディオンが大好きでたまらない人、そうです、それはあなた、君、そして僕。 みんなでアコの情報を共有してアコのある生活をEnjoyしましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
車窓からみるドイツの小さな村

流れ去る車窓からの景色。 広々とした平原や小高い丘陵が続くドイツ北部。 小さな村が車窓に現れては消える。 どこにも必ず教会の塔がみえ、おそろいの白壁にオレンジ色の屋根。 おそらく教会の前にはマルクト(市場・広場)があり、市が立ったり、その一角には泉があり、そこに昔は女性が水を汲みにきたり、洗濯にきたり、したのだろう。 泉のほとりには菩提樹があって、その幹にはだれかがだれかを愛するなんてハートの中に彫ってあったり、相合傘マークがあったりしたのかな。 そして青年は修行のために村をでる。 兵隊に行くためだったかもしれない。 娘は村に残る。 必ず帰るといって出てく。 もう戻らない、もう戻れないということを知って出て行く。 もう帰ってこないと知っていても、待っているわといって手を振る。 そんな出会いやめぐり合いや別れもあったのだろうなんて気分に浸りながら行く列車の一人旅にはヘルマン・ヘッセやシュトルムの短編集が似合う。
フランクフルト郊外のペンションについたらなんと予約をし忘れていたことに気づく。 なんとか一部屋空いていたので宿泊できることになりほっとした。欧州最大規模のドイツ楽器展もあり、街中のホテルは売り切れ状態なのだ。 相変わらずどんよりと垂れ込めた暗い雲からぽつぽつと雨が降ってくるわ、パソコンの電池が切れるわ、ちょっとぱにくりかけたがなんとか落ち着き払って宿泊できることを感謝して就寝。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

川井 浩
  • Author: 川井 浩
  • アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

川井 浩

Author:川井 浩
アコーデオンがあって幸せな人生。 皆さんもアコーデオンを始めましょう。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。